サッカーの気になるブログ

サッカーファン歴20年のサッカー未経験者がお伝えする情報と日記

サッカー サイドバックのイメージ

みなさんはサイドバック[SB]のポジションに
どんなイメージを持っていますか?

長友選手、内田選手、酒井宏樹選手、酒井高徳選手など世界でプレーする日本人SBも増えた昨今、そんな選手達に憧れてSBを選ぶ子供達も増えたかもしれません。

 

しかし一昔前は
全く人気が無く、体育の授業でサッカーをするとなればボールの来ないつまらん役割って感じでした。

そんな日本で言うサイドバック
  サイドバック和製英語
ですが、他の国では違うイメージで人気の
ポジションだったりもします。

 

・攻撃も守備も両方結果を出せる。
・サイドで一対一の勝負ができる。
・ドリブルで仕掛けられる。
・スピードを活かせる
・アシストが出来る
・目立つ
などから人気の花形ポジションなんです。

特に
・ドリブルで仕掛けられる。
の喜びは国民性の違いが強いですね

 

世界最高のレフトバックと呼ばれる
マルセロレアル・マドリード》を始めブラジルには
歴代素晴らしいSBがたくさんいたのは

まさに
『ポジションのイメージ』の違いではないでしょうか

 主なブラジル代表SB
  ・ジョルジーニョ
  ・カフー
  ・ロベルト・カルロス
  ・マイコン
  ・ダニエウ・アウベス
  ・フィリペ・ルイス
   など

かなりの豪華メンバーですが元々は違うポジション
だった選手もいます
SBは人気で競争率が高く試合に出る為に
違うポジションを選んでいた。
なんて事もあるそうです。

国民性だけでなく、サッカーの歴史やベースとする戦術でも人気は変わるんですね

 

ポルトガルやオランダでは
テクニック・スピード・ドリブルを駆使して仕掛ける
ウィング・サイドアタッカーが花形で錚々たる
メンバーがいます。

 主なポルトガル代表WG・MF
  ・クリスティアーノ・ロナウド
  ・ナニ
  ・クアレスマ
  ・シモン
  ・セルジオ・コンセイソン
  ・フィーゴ

 主なオランダ代表WG・MF
  ・ロッベン
  ・デパイ
  ・エリア
  ・ファン・デル・メイデ
  ・オーフェルマルス

 

そしてドイツではゴールキーパー
花形と言われてます。
  ・ノイアー
  ・テア・シュテーゲン
  ・カーン
  ・レーマン
  ・イルクナー
   など

驚きですよね!

 

ちなみにサッカー未経験の私は
アンカーの選手
日本では『ボランチ』と呼ばれているポジションが
好きで試合を観ていると注目しちゃいます。

ボランチ=守備的MF
 は本来違いますので別の記事で書きます。

と、まぁ話はズレましたが
ポジションのイメージは国によって様々であり、サッカー先進国では伝統や戦術も影響し人気ポジションとタレントの豊富さも変わってくるんですね。

最後に

日本にはまだ
・イタリアのカテナチオ
・オランダのWGをワイドに開く戦術
・スペインのポゼッションサッカー
などの定番スタイルがないので

ずっと考えてましたが日本の花形ポジション
ってなんだろう... 汗